法令遵守への取り組み

ホーム > 法令遵守等への取り組み > リスク管理への取り組み

リスク管理への取り組み

JAでは、地域に信頼され、安心してご利用いただくため、コンプライアンス(法令等遵守)態勢とリスク管理態勢の強化を、経営の最重要課題として取り組み、自己責任原則に基づいた経営の健全化に努めています。

リスク管理態勢の確立

当JAは金融機関の一員として、組合員や利用者の皆さまの大切な資産を貯金としてお預かりし、その資産を農業の振興のための資金や、利用者の生活に必要とされる資金をご融資する貸出金、あるいは有価証券・預金などに運用していますが、資産の運用には安定した収益を得られる反面、各種のリスク(損失を被る可能性)を伴います。

したがって、こうしたリスクを十分認識し、適切な管理が出来る態勢の充実に取り組み、経営の健全性・適切性の確保に努めています。

リスク管理基本方針

金融の自由化、国際化の進展やIT化による金融技術の発展などにより、金融機関の業務はますます多様化し、ビジネスチャンスが拡大する一方で、管理するリスクも複雑かつ多岐にわたり、量的にも拡大しています。そのようななかで、JA経営においては、自己責任に基づき様々なリスクを的確に把握し、管理して行くことが求められています。

当JAは、このようなリスクを十分認識し、健全経営を維持するため、リスク管理態勢の確立を最重要課題の1つとして、その充実・強化に努めます。

そのために、従来からの諸規程を整備して、リスク管理の一環として位置づけるとともに、信用リスク、市場関連リスク、流動性リスク、事務リスク、システムリスク毎に適切な対応ができる体制の整備に取り組みます。

信用リスク管理方針

信用リスクとは、取引先の財務内容の悪化等により、貸出金などの元本や利息の回収が困難となり、金融機関が損失を被るリスクのことです。

当JAでは、大口貸出および事業者向けの貸出等に係わる審査は本店融資管理課が担当し、貸出資産の健全性の維持・向上に努めています。審査にあたっては、特定の業種および貸出先に偏ることのないよう留意するとともに、個別案件についても担保価値のみに捉われることなく、貸出先の信用力、事業内容および成長性を十分審査し、信用リスクの管理を徹底しています。

また、資産の自己査定については、支店での一次査定に加え、本店融資管理課および経営企画課による二次査定を実施し、自己査定の適切性の確保に努めています。

システムリスク管理方針

システムリスクとは、コンピュータおよびシステムの停止または誤作動などシステムの不備や、コンピュータが不正に使用されることに伴い、金融機関が損失を被るリスクのことです。

当JAでは、コンピュータおよびシステムの安定稼動を維持するため、各種手続きに忠実かつ厳正な運用に努め、安全性の維持確保を図るとともに、システムの万一の災害・障害には、迅速かつ適切な対応を行います。

事務リスク管理方針

事務リスクとは、役職員が正確な事務を怠り、又は事故・不正を起こすことにより、金融機関が損失を被るリスクのことです。

当JAでは、「事務リスク管理マニュアル」に基づき、事務リスクの軽減に努めるとともに、不祥事件等に対しては迅速かつ適切な対応を行うこととします。

また、日常の事務リスクに対応するための監査室を設置し、内部監査の充実・強化を図るとともに、事務処理ミスの早期発見および事故防止等を目的とする、支店管理者が自らチェックを行う自店検査を実施しています。

なお、事故防止のための人事管理として、年1回1週間の連続職場離脱制度を実施するとともに、長期間にわたる同一部署の同一業務に従事させることのないよう、人事異動を実施しています。

流動性リスク管理方針

流動性リスクとは、金融機関の財務内容の悪化や信用の失墜により、必要な資金の確保ができなくなり、資金繰りがつかなくなる場合や、資金の確保に通常よりも高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被るリスクのことです。

当JAでは、こうした不測の事態を未然に防ぐため、利用者からの苦情や風評に対する情報収集と、適切な処理の出来る体制を整備し、信頼の維持・確保に努めています。

オペレーショナル・リスク管理方針

オペレーショナル・リスクとは、業務の過程、役職員の活動もしくは、システムが不適切であること又は外生的な事象による損失を被るリスクのことです。

当JAでは、収益発生を意図し能動的な要因により発生する信用リスクや市場リスク及び流動性リスク以外のリスクで、受動的に発生する事務、システム、法務などについて事務処理や業務運営の過程において、損失を被るリスクと定義しています。事務リスク、システムリスクなどについて、事務手続を整備し、定期検査等を実施するとともに、事故・事務ミスが発生した場合は速やかに状況を把握する体制を整備して、リスク発生後の対応及び改善が迅速・正確に反映ができるよう努めています。

市場関連リスク管理方針

市場関連リスクとは、金利や有価証券の価格、為替相場等の様々な市場のリスク要素の変動により、保有する資産の価値が変動し金融機関が損失を被るリスクのことです。

当JAでは、JA全体としてのALMに基づく運用・調達方針、ヘッジ方針などは「ALM委員会」で協議し、ALM体制の強化に努めるとともに、「余裕金運用規程」および「余裕金運用にかかるリスク管理手続」を整備し、金利リスク・価格変動リスク・為替リスク等の市場性リスクのコントロールに努めています。

また、運用においては複数の担当者を配置し、お互いの事務管理を検証するとともに、本店経営企画課をリスク管理部署として位置付け、相互けん制を図っています。

法令遵守への取り組み

JAぎふ広報誌 ふれあいネット