安全・安心 JAぎふの農産物

ホームJAぎふの農産物 > 真桑うり

安全・安心 JAぎふの農産物

真桑うり

真桑うり

真桑うり

出荷時期 7月上旬~8月中旬
栽培地域 本巣市真正地区

真桑うりは本巣市の真桑地区が原産のウリで、その旧村名から名付けられた伝統野菜です。その歴史は古く、戦国武将の織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭へ献上した果物としても有名です。
昭和20年代からは、スイカやメロンの人気におされ姿を消していきましたが、平成2年に原種保存と真桑特産品の復活のために真桑ウリ栽培研究会が設立され栽培を維持する活動が始まりました。研究会では毎年約5,000個を出荷しています。取扱いは、おんさい広場真正のみです。
黄色に緑の縦模様の入った果実は、メロンほど甘みは強くないですが、甘酸っぱい優れた香りを出します。岐阜県の「飛騨・美濃伝統野菜」に選ばれています。

JAぎふの直売所を見る

どこから来るの?お店に並ぶまで

安全・安心への取り組みを見る 生産者の声を見る

JAぎふの直売所を見る

JAぎふの農産物

JAぎふ広報誌 ふれあいネット